Googleの辞書機能

日曜日, 3月 23rd, 2008

 Googleは英和・和英辞書としても使えます。
 例えば『center』という英語を日本語にしたい場合は「英和 center」と検索してください。
 検索結果の最上位に「centerを英和辞書で調べる」と出てきますので、それをクリックすると辞書のそのページにいくことができます。
 直接そちらの辞書のページを開いて(お気に入りにでも入れておいて)検索してもいいのですが。

文例集

日曜日, 3月 23rd, 2008

 これはgoogleに限らず、yahooでもその他の検索エンジンでも同じです。
 何かの文例集を見つけたい時は、「○○○ 文例集」で検索してください。結構文例集は出ています。
 例えば「結婚式 文例集」「小学校 先生 文例集」「ビジネス 文例集」というふうに引くと必ず出てきます。

OR検索2

火曜日, 3月 11th, 2008

Googleの検索テクニック。『OR』を使った検索方法、その2。

例えば、「薔薇」なんていう難しい漢字はホームページを作る方も敬遠することが多いでしょう。「バラ」と書くことが多いと思われます。でも「薔薇」と書いているページもあるでしょう。そんな時にはやはり『OR』を使います。
『薔薇 OR バラ』と打って検索にかけます。すると「薔薇」と書かれているページも「バラ」と書かれているページも検索されます。
ついでに「ばら」と平仮名も入れてみましょう。『薔薇 OR バラ OR ばら』で検索してみます。また、少し違った検索結果になったと思います。

OR検索1

火曜日, 3月 11th, 2008

Googleの検索テクニック。『OR』を使った検索方法。

例えば『花 鳥 尾瀬』と『花 OR 鳥 尾瀬』を上のGoogle検索で検索してみてください。だいぶ違うでしょう。
『花 鳥 尾瀬』は花と鳥と尾瀬が全部含まれた検索結果となります。基本的にキーワードを2つ以上入れる時はその間に「AND」が入っているということです。
『花 OR 鳥 尾瀬』は花と尾瀬のセット、鳥と尾瀬のセットとなって、それぞれの結果が入り混じっているようです。ということは、ORを使った文字はどちらかを含んでいればよいということですね。